社長のひとこと-7月

コロナに負けるな!!

日本の気候も東南アジアのように雨季と乾季に分かれて行くのでしょうか?
ゴルフをプレーしていても雨→晴れ→雨→晴れと1ラウンドで天候が変化します。
温暖化?よくわかりませんが、地球は生きているのです。

春夏秋冬がある日本の気候は日本人の心を育ててきたような気がします。
気候が変わると心も変わってしまうのかな?
コロナ過中の若者の行動を見ているとそんなことを感じます。

畑をやりだしてから手作りにこだわる様になってきました。
田舎育ちの私は、自家製味噌や漬物をおばあちゃんや母が作っていたのを覚えています。
牛や鶏も飼っていて、卵を毎朝取りに言った記憶があります。
最悪なのは鶏をひねる作業を見たことです、おかげで鶏肉は食べることができません。
近所迷惑になるので家畜を飼うことはできませんが、漬物や味噌は作れないかと考え
昨年から味噌を作り始めました。
昨年1月に大豆と米麹で味噌を10キロ仕込みました。
インターネットで手順や気を付けることを調べ作り始めましたが、
家庭用の調理器具を使って作ると結構時間がかかります。
結局、丸一日をかけて仕込むことができました。
完成までには1年かかります。
定期的に甕の中をチェックしてカビが出ていないか確認し、
発生しているときは取り除きながら1年が経過しました。
我慢できなくて途中で時々味見をしました。
やはり自分で作った味噌は美味しいと言いたい所ですが、
最初の感想は「う~ン、しょっぱい」でした(笑
味噌汁を作るときに少量で良いと言い訳しながら自分の味噌に満足していましたが、
4月位になるとまろやかさが増してきておいしく感じる様になりました。
とりあえず成功!!
今年の1月に大豆と麦麹で麦みそを仕込みました。
麦みその方が早くできると言う事だったのですが、
温度管理が間違えていたようで現在発酵中です。←楽しみです。
来年は何味噌を作るか現在検討中です。
少量であれば意外と簡単な作業で作ることができます。
皆さんもチャレンジしてみてはどうでしょう?


5月に小梅干を仕込みました。またの機会に報告いたします。
キュウリやナス・トウモロコシも実り始めました。

© 2021 看板・広告のアイセイ社