社長のひとこと-8月

先日、弊社では社員の健康管理のため健康診断を行いました。

1年に1回ではありますが、
社員の中には隠れた病気を発見できた者もおりました。
また、生活習慣病などの予防対策にもなり、健康管理に役立てることができます。

と、言いながら
私の診断は...!! 惨憺たる結果でした。
明日から生活習慣を変えないといけない!! 毎年そう感じています。

検査結果の数字を突きつけられると、しばらくは食事に気をつけるのですが、
ある日忘れてしまう、トホホ情け無い。
体調管理は良い仕事をする上で欠かせない、一番大切なことだと思います。

7月18日、生活習慣病の名付け親 聖路加国際病院名誉院長の
日野原重明(ひのはら・しげあき)氏が亡くなりました。105歳だそうです。
民間病院としては初めて人間ドックを開設し、
定期健康診断による早期発見、早期予防の医療を定着させたそうです。
また、成人病を生活習慣病と言い換えるよう提案して患者との対話を重視し、
患者参加型の医療を推進されました。

日野先生のように長生きできるよう、
気を引き締めて健康管理に気をつけてゆきます。

© 2021 看板・広告のアイセイ社